全店舗閉店して会社を清算することにしました。 を読んだ

おすすめ書籍

このブログって、ハゲてきて見た目の自信がなくなってきてる人向けに、「大丈夫だよ、頑張れば結婚できるよ」って夢を与えたい、背中を押したい目的で作ったブログで、まずは婚活でしょ的な内容の記事を書いています。

ただ、見た目を気にすることも大事だけど、中身というか心の持ちようも大事だし、もし自分の収入に満足していないならそれを上げていく必要もあって、じゃあどうやって収入を上げていくか、みたいな個別戦略も必要で。

そんなことは自力でなんとかなるわけないので、なにかに頼る必要があって、それは本が一番手っ取り早いので、本の紹介記事も書くことにしました。

全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話 | 福井 寿和 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで福井 寿和の全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話。アマゾンならポイント還元本が多数。福井 寿和作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話も...

個人的な話で恐縮です。サラリーマンの傍ら副業的なことがしたい、といくつか手を出していることがあって、その中のひとつに、売上はあるけどちょっと赤字で、なにか手を打てば改善しそうだけどやる気が起きずに3ヶ月ほど放置しているものがありました。

いわゆる物販事業で、ある商品を仕入れてオンラインで販売をしていたのですが、改善することを考えるのが面倒になってしまっていたんですよね。

ようやくやめる決断ができて、今考えると以下3つがずっと引っかかってました。

・仕入先との関係上なかなかやめると言いにくい
・プラットフォームも長期契約していることもあり解約が面倒
・もう少し長く販売していれば徐々に売上が伸びてくるかも

赤字とはいっても数千円とかで全然大した金額ではないのに、この3ヶ月間ずっとモヤモヤしていて、とてもストレスがありました。

なんならなんでこんなこと始めようと思ったんだろう、なんて考え出して、振り返るとこの事業を始めたきっかけは「上手くいったら儲かりそう」でした。

これが良くなかったと思っています。

とはいえ、これって結果論で、もしうまく行っていたら幸せだったのでは?

とも、よぎったのですが、そうなってたとして発送処理や問合せ対応でフル回転して、色々考える暇もなかったかも、外注さんなどにお願いするにしても、それをずっと前に続ける意味って何だろう…

なんてグルグル考えて、とりあえず今回の一件で、自分が仕事として続けて楽しいことかどうか、っていうのはビジネスを選ぶ点で重要な気がしました。

優秀な人だと、うまく利益を出す仕組みを作って、回り始めたら事業ごと売却、なんて感じで進めるのでしょうが、私には難しかった。

というわけで前置きが長くなり申し訳ありません。この記事の本題に入りたいのですが、私が今回経験したことよりも100万倍くらい大変そうなことが書いてある本の紹介になります。

どんな人に読んでほしいか

ざっくり言うとこの本は、「だいぶ軌道に乗ってきた飲食店経営者が新型感染症問題がきっかけで全店舗閉店する」と言う話です。超絶トレンド感のある内容です。

いま、本来であれば繁忙期と言える年末年始を迎えるはずが、まだまだ新型感染症問題を引きずっている昨今、どういう振舞いをするべきか悩んでいる同業者の方たちにもぜひ読んでいただきたいのですが、私としてはサラリーマンの方々に読んで頂きたい。

理由は、世の中で起きていることがリアルに生々しく感じられるから。

サラリーマンには想像できない

Twitterでも書きましたが、サラリーマンをしていると毎月決まったお給料がもらえることもあり、自分や家族の健康を守ることに専念することに精一杯で、サラリーマン以外の自営業者の方たちがどれくらい苦しんでいるか想像できない人が多いはず。

最初にお名前を目にしたのはコロナ真っ盛りの緊急事態宣言が出たくらいの頃で、Twitterでnoteの記事を拝見しました。

全店舗閉店して会社を清算することに決めました|福井寿和@倒産を経験した社長|note
\\ 出版が決まりました // 私が起業したきっかけ、カフェの開業、事業拡大、そして全店舗閉店して会社を精算するまでの全て書いた本の出版が決定しました! 2020年11月2日発売 『全店舗閉店して会社を清算することにしました コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話』(実業之日本社) Amazonで販...

ちょうど勤めている会社が在宅勤務にシフトした頃で、自分と家族のことしか考えられておらず、妻も在宅勤務になり、子どもたちの保育園や小学校もお休みで、来る日も来る日も外に出ず、家族全員がマンションの一室で暮らすという今まで経験したことのない事態になっていました。

そんな状況で誰もが外に出ないので飲食店は厳しいだろうなと、他人事ながら想像はできていましたが、「全店舗閉店して会社を清算することに決めました」というnote記事を読み、ただただ壮絶だなと思いながら一気にその記事を読みました。

まるで1つの物語を読んでいるようにも感じましたが、それはいま世の中で実際に起きていることで、もちろんこのように発信されずに閉店を決断している飲食店の方も多くいらっしゃるわけで、仕事頑張らんといかんなと改めて身が引き締まる思いです。

実は他人事ではない

といっても、全然他人事というわけでもなくて、ニュースを見れば大手企業でも倒産やリストラも始まっていますし、誰もが今一度生き方を見直す、振り返る時期でもあるのかなと感じています。

noteの記事を読むだけでも色々考えさせられましたが、より深く書いている本書を読むことで、同業者の方であれば、どのように決断したのかが事細かく書かれているのでリアルな教科書として勉強になりますし、私のようなサラリーマンや別業界で働いている方であれば、今の現実が垣間見える本になっています。

複数店舗経営って一口に言っても、回すのにどれだけの資金が必要かなんて普通の人は絶対想像できないし、それを畳むって雇用していた従業員も解雇しないといけないし、店舗契約も解約しないといけないし、借入している銀行にも相談しないといけないし、想像するだけで吐きそうな、決して想像ができないんですが、そんなことが書いています。

終わりに

ステイホームを過ごしていた間、多くの方がこれからの時代をどうやって生きていくべきか、色々考えたかと思います。この本も、著者の未来を描くことで締めくくられています。

納得できる結論が出るまで苦悩して、結論を出してから実行して、全て終わらせてまた新しいことを始める。なかなか壮大な一冊です。

全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話 | 福井 寿和 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで福井 寿和の全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話。アマゾンならポイント還元本が多数。福井 寿和作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また全店舗閉店して会社を清算することにしました。 コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話も...

コメント