AGAも婚活も大事だけど、まず仕事を頑張る

婚活論

ハゲてきて自信を失いそうになっている独身男性に向けて書いてます。どうもこんにちは、同じようにハゲてきているmaeda(@baldmarriage)です。無駄にローマ字にしてみました。

今回の記事では、仕事をまず頑張ろうという内容でお送りします。

今、あなたがいくつか私にはわかりませんが、1つだけ知っていることがあります。それはこの記事を見た時点で一番若いのは今だということ。

まあ当たり前なのですが、何が言いたいかというと、例えばあなたが結婚相手を探しているとします。運良く相手が見つかって、いざ結婚した時、ライフスタイルって今までと相当変わりますよね?

あなたがどのような仕事をされているかわかりませんが、結婚した時に送りたいと思える生活が今の仕事で成立するか考えてほしいのです。

具体的に何を考えるのかというと、給料と時間です。

家族を1人で養うことまで考えなくていい

リスクヘッジを考えると今の時代は共働きが主流でもあるので、1人で家計を担う必要はないと思います。2人で800-1000万を目指すのであれば、結婚相手に例えば200-300万くらい稼いでもらって、自分は600万くらいが最低ラインかもしれません。

とはいえ、私自身20代後半のときは年収が300万切っていたので、当時こんな事言われても話が頭に入ってこないのですが、別に結婚していきなり達成する必要はないです。

もし子供を育てることになった時に子どもの学費が払えればよくて、さらに言えば子供がやりたいことを躊躇なくやれるだけの収入があればいいのです。

それって結婚後10年目くらいを目安に目指せればいいので、ここで気づいてほしいのは、今勤めている会社で10年後に給料がどれくらい増えるかどうかです。

先輩や上司と飲みに行けば、給料がいくらか教えてもらえるかと思います。もし子供を育てる上で金銭的に厳しそうだということであれば、今すぐ転職しましょう。

もちろん、お金が無くても子供は育ちますし、無ければ無いなりに生活できるかと思いますが、私はあった方がいいと思うので、自分の給料を上げるためにはどうすればいいか考えてキャリアを選んできました。

会社や社会の不満を言うだけでは何も変わらないのと同じように、今の自分の状況は自ら選んでいることに気づいた人たちから行動していくようです。

その仕事に未来はあるか

例えば今の仕事にやりがいを感じていて、収入は多くないけれどこのまま続けていきたいと言った場合に、考えて欲しいことは、今の仕事に未来はあるかどうかです。

安直に、廃れそうな業界から離れようということを言いたいわけではなく、廃れそうな業界こそ革新が起きたりするので、例えば今だとFinTech(フィンテック)で銀行がヤバいとかって言われますが、そのうち銀行内でも色々変わってよくなると思いますので、すぐに辞めればいいというもんでもないです。

同じように、いま感染症が流行っているからって、電車とか飛行機とかの輸送業に務めている場合にすぐ離れたらいいかというとそうではなくて、たしかにかなり危機的な状況なので焦る気持ちも分かりますが、まずは自分の社内の業務内容を確認してください。

自分のやっている仕事が誰にでも置き換わってしまうようだとヤバいので、会社にしがみつきながら副業や何か他の資格やスキルを習得してください。

いつでも他の会社に転職できるスキルを持っていれば今後も大丈夫です。欲を言えば個人で仕事が取れればなおよしです。その状態に持っていきましょう。

仕事の時間は調整可能か

給料と同じくらい大事なのが時間についてです。

独身の状態だと、時間は自由に使えますので何時に起きてもいいし何時に寝てもいいです。どれだけ仕事をしてもいいし、誰も何も言うことはないでしょう。

ただ、結婚をすると生活を共にする上で家族に合わせる必要があります。

子供がいなければ特に縛られることもないので、独身時代の延長で過ごせるかもしれませんが、子どもがいると保育園や幼稚園、小学校など登校時間が決まっているので家族の誰かが準備をしないといけないですよね。

それでも夜勤の仕事だった場合に、上記の対応はできないので、パートナーが代わりに行うことになるかと思います。

日常生活の中では特に問題はないかと思いますが、自分で自由に使える時間を作れるかどうかを確認していただきたいです。

有給を取って旅行のプランを立てたときに自由に有給は使えますか?相手が怪我をして病院に付き添ってきてほしいと言われた時に、会社を休むことができますか?

あなたが仕事にこだわりを持って向き合っていたとしても、ある程度融通が利かないのであれば、それだけでも転職理由になり得ると思います。同じ業務内容でも職場を変えるだけで実現可能な場合があります。

どこに転職するか

今の状態から給料を手っ取り早く上げるには転職しかありません。で、どこがいいかというと今盛り上がっている業界です。具体的にはIT系(全然具体的ではないですが、通販もそうだし、娯楽系もこれからどんどんオンライン化されていきますよね)かコンサル、商社になるのですが、ここで早とちりしないでほしいのが、有名な企業や大手である必要はないということです。

個人的にオススメのところがあって、もったいぶらずに言うと、取引形態が主にBtoBでCMなどで名前を聞いたことがないけれど長年続いていて平均年齢が高い会社を狙いましょう。どうやって探すかというと四季報です。ここに年収やボーナスの額、平均年齢、離職率など全てが書いています。

あと、キャリアを構築する時間を長い目で見れるなら、いきなり正社員ではなく派遣社員や契約社員からスタートしてもいいと思っています。これは今まったくスキルが無い人向けの話で、実際私がそうしました。

働く中で正社員に登用してもらえるなら一番いいですし、難しい場合はその業務を実績に転職をすればいいので、例えば新しい職種にジョブチェンジしたい場合などに使える技かと思います。

私の場合は元々営業でしたがITの仕事がしたかったので、派遣の社内システム担当という仕事につきました。正社員になるまで2年弱かかりましたが、結果的に年収が3倍になったので間違っていなかったと思っています。

同士よ、仕事頑張って稼ごう!

今回の記事はハゲの悩みと離れているような気もしますが、社会人以降の魅力は稼ぐ力が大きいです。

金さえ稼げれば、AGAの治療もできますし、結婚相談所でも引く手あまたです。結婚した後も子どもの進路などの選択肢も増えるため、ハゲならなおさら稼ぐ力をつけるのが必須です。

稼ぐように慣れば自ずと自信もついて自分がハゲてることを忘れます。

自分の力ではどうしようもない抜け毛などに悩むより、その時間を稼ぐことに費やせれば輝かしい未来が待っていますので、一緒に頑張りましょう!

コメント