一歩目は踏み出せた人の、最短で結婚するための動き方

婚活論

こんにちは、ハゲ婚活コンサルのマエダです。この記事では、第一歩を踏み出せた人向けに第二歩目をどう出すのか、最短で結婚する方法について説明していきたいと思います。

結婚相談所に登録された人のお話なんですが、「結婚相談所に登録したもののそこからどうしていいか分からない」っておっしゃるんですね。

最短は大げさかもしれませんが、少なくともこのままだとちょっと厳しいなということで、半分煽りながらもこんなタイトルにしました。もしよかったら読んでください。

まずは自分に拍手

本題に入る前にまずは、結婚相談所に登録したという第一歩を踏み出した皆様に敬意を表したいです。自分を褒めましょう。

普通はなかなか登録しません。そこまで差し迫った危機感がないんでしょうし、今現在何も困ってないでしょうから、この状態がこれからも続くと考えるひとは自分を奮い立たせて婚活頑張ろうとは思わないですよね。

ただ、この状態が続くということは、一生結婚できないというわけで。

皆様はこのままじゃマズイと考えて結婚相談所の門を叩いたわけです。この一歩はぜんぜん違う。これはすごいことです。

そのまま止まらない

その上で、婚活の歩き方というか、考え方みたいなものも織り交ぜながら、最短ルートで結婚するための第一歩として気持ちの持ちようをこれから説明していきます。

例えば、Lineの効果的な返信内容など、婚活をする上でテクニックと呼ばれるものはあるにはあるのですが、そういった細かい芸を手当り次第に手に入れたとしても、結局は遠回りになります。

木を見て森を見ず、ってことにならないようにまずは大枠からということで、ざっくりした話になりますが、まず結論からお伝えします。

  • ・待たない

これです。以下、具体的に説明していきます。

これまでの人生で、待っていて何かいいことがあった人は引き続き待てばいいと思うのですが、そうではないからこそ、こうやって勇気を出して結婚相談所の門をくぐったわけです。

そこで止まってはいけないのです。

行動することで、できることが増える

例えばですが、子供の教育と一緒で、今だと将来の夢とか、なりたい職業ランキングの1位はユーチューバーだったりするわけじゃないですか。

それって、普段触れ合う範囲の中で選ぶからそうなるだけで、大人になるにつれていろんな世界が見えることでそれぞれ現実にはユーチューバーとは違う職業に就くと思うんですね。

いろんな人と出会う必要があるという意味で、待つのではなく積極的にアプローチしていく必要があるわけです。

さすがに結婚相談所に登録さえすれば自動的に結婚できる、と考えてる人は少ないと思いますが、最短で結果を出す人は、出会うきっかけを提供してくれている場として、結婚相談所を活用されます。

例えば、日常生活で女性に声をかけることが苦手だから結婚相談所に登録したのだ、という人がいると思います。

そのあたりも安心してください。ここは日常生活とは違います。結婚相談所には結婚したい人が集まっているわけです。

なかには女性に対して奥手な男性と知り合いたいという人もいます。極端な話、全員に声をかけたとして、断られはしても嫌われることはないわけです。

なので最初はあまり深く考えずに、最初は範囲を広めに考えて、いろんなひととお会いしてみることをおすすめしています。

自分で可能性を狭めない

もうすこし深堀りをしていくと、せっかく相談所に入って、色々な人と出会えるわけですから、年齢とかお仕事とか度外視して、プロフィールの言い回しとか、考え方とかに共感できる人がいたら申し込んでみていいと思います。

もちろん冷やかしとか、お会いすることになってやっぱりやめたとかはなしですよ。

ここで何が言いたいかというと、厳選に厳選した人を待っていても出会う確率は低い。

あと、結婚とは選ぶことと選ばれること。この人だという人に出会ったとしても、その人が振り向いてくれるかどうかはわかりません。

なので、もしそんな奇跡のような人が出てきたら問答無用で申し込めばいいですし、そうでなくてもこの人なら会話が弾みそうだなとか、趣味が合いそうだなとか、そんな感じでスタートしていきましょう。

この記事のまとめ

というわけで、この記事では立ち止まらずに行動しようということについて書いていきました。

結婚相談所に登録をしたら、その勢いのままできれば3人のアポイントを取るところまで行ってほしいです。

アポイントさえ取れれば、デートの日時や場所など決めていく必要があるので勝手に動いていきます。

逆に言うと、アポイントが取れなければ行動することができなくなりますので、頑張って積極的にお声掛けしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは諸兄よ、また別の記事で。Stay Gold,With Bald!!

コメント